困っている方 / ケース 腫れがある

腫れがある

口の中には様々の腫れるという病態が出現します。
以下に、診療室でよく見られるものを見てみます。

腫れがある:1炎症

かなり進行した歯周病

知歯周囲炎

「腫れ」は炎症の代表的な兆候の一つで、
炎症が起こる場所によって、幾つかの種類があります。

1 歯肉膿瘍

歯肉の中に膿が貯まって腫れてくるというものです。
背景にはかなり進行した歯周病が存在します。
歯茎の中でバイ菌が暴れているという状態です。
治療は、炎症を鎮めるために患部の洗浄と感染を抑えるために、
化膿止めの薬を服用してもらいます。
膿を出せる場合は出しますが、いつも出せるとは限りません。

2 歯槽膿瘍

歯槽骨の中に膿が貯まって腫れてくるというものです。

3 智歯周囲炎

親知らずの周囲に炎症が起こり、化膿すると腫れてきます。
顎の下にあるリンパ節も同時に腫れて、口が開きにくくなったりします。

治療について

治療法:炎症
治療法はこちら

PAGETOP

腫れがある:2嚢胞(のうほう)

「嚢胞」は主に顎の骨の中に出来る袋状の出来物で、幾つか種類があります。
口の中でよく見られるのは、歯根嚢胞で根の中から顎の骨中に
感染が起こって出来てきます。
大きくなると顎が腫れて形が変わってくる場合があります。

治療について

本項目は現在作成中です。

治療法はこちら

PAGETOP

腫れがある:3腫瘍

本項目は現在作成中です。

治療について

本項目は現在作成中です。

治療法はこちら

PAGETOP

腫れがある:4唾液腺の疾患

本項目は現在作成中です。

治療について

本項目は現在作成中です。

治療法はこちら

PAGETOP

腫れがある:5その他

本項目は現在作成中です。

治療について

本項目は現在作成中です。

治療法はこちら

PAGETOP