困っている方 ケース / 歯に穴が開いている

歯に穴が開いている

ここでは歯に何らかの原因で穴が開いているのに、痛くないケースを取り上げてみました。
歯は表層の薄いエナメル質と容積の多くを占める象牙質から成っていますが、虫歯は内部の象牙質で大きく進行します。
入り口部分の穴が小さくても、内部で想像以上に進行しているケースをよく経験します。
特にシニア世代になりますと、歯髄と呼ばれる歯の内の神経の機能が落ちてくるので、神経が在るにも関わらず痛みを
生ずることなく大きな虫歯になっている事が多いのです。
痛くないからといって放置するのは危険です。
わずか数ヶ月の受診の遅れが命取りで抜歯になってしまうのは、あまりにもったいない話ですが、実際によく経験する
ところです。

歯に穴が開いている:1虫歯

治療は歯冠修復ですが、根管治療が必要になることもあります。
また、極端に進行している場合は抜歯になることもあるので注意が必要です。

詳しくは「痛みがある:1虫歯」をご覧ください。

PAGETOP

歯に穴が開いている:2歯冠破折(しかんはせつ)

耳慣れない言葉と思いますが多く見られるケースです。

何らかの外力を受けて急に歯が欠けることで、虫歯とは異なります。
硬い食品を噛んだり、食品の中に石の様なものが紛れ込んでいたり、
歯軋りの習癖が原因だったりします。

治療について

治療は歯の破壊が限局していれば充填などを行い、範囲が広ければ被せ物を
入れるなどの歯冠修復を行います。

治療法:歯冠修復
治療法はこちら

時には、歯ぐきの深部に達するケースもあり、治療が困難で抜歯になる場合も
ありますが、工夫次第で温存出来る場合もあります。

治療法:抜歯

治療法はこちら

PAGETOP

歯に穴が開いている:3修復材料の破損

虫歯などの治療で歯に詰めた材料が欠けるケースもあります。

多くはコンポジットレジンと呼ばれる保険適用の修復材料が欠けることが多いのですが、
それ以外の材料(セラミック、金属、セメントその他)の場合もあり、
原因も含めて修復法を再検討する必要がある場合もあります。

治療について

基本的に、虫歯の治療に準じて行います。

PAGETOP