困っている方 ケース / 治療を中断した

治療を中断した

当院には、たびたび治療を中断された方がご相談にみえます。
理由は様々なのですが、概ね以下のように分けることが出来ます。

治療を中断した:1最近まで治療していた





「転居、転勤などで近隣に引っ越してきたが、 どこに
通えば良いか分からないので取り敢えず相談に来てみた。 」

当院は利便性の高い立地にありますが、治療面、予防面でもご期待・ご要望に
お応え出来ますよう対応いたします。

まずはこれまでの治療の経緯など詳しくお伺いいたします。

持病が気になる方もご相談ください。

「治療中だが転院を希望したい。」

理由1

「治療が中々進まない、一向に良くならない 」

当院では、治療内容ごとに標準化した治療期間を提示できます。

複雑なマネージメントが必要な、重症の歯周病と欠損歯の回復といった治療は
正確な予測は困難ですが、虫歯を一本〜数本治す、
歯の神経を取り出して被せものを入れる、親知らずを抜く、
新しく入れ歯を作る、といった個別の治療の見通しは早い段階でご説明できます。

複雑な治療についても、必要な検査・資料作成・診断が済みますと、
概略の説明は可能ですから、計画性をもって安心して治療に取り組めます。

理由2

「治療の説明が十分でなく、不安である 」

当院では、治療の内容をご理解いただけるように様々な工夫をしております。
説明用の資料や、実際にお口の中を高性能カメラで撮影して分かりやすく
ご説明をいたします。
説明の内容は、問題発生の原因、治療期間、治療法の種類、選択のポイント、
治療中の経過、治療費、など必要なこと全てにわたります。

何かと忘れてしまいがちなので、必要があれば繰り返しお伝えしております。

理由3

「治療法の選択肢が少なく、方針が合わない 」

デンタルオフィス本八幡では、保険治療を軸に複数の治療法を選べるように
ご説明しております。

保険で相当に広い範囲の治療が受けられますが、機能回復や見た目の美しさ、
あるいは術後の持続性、安定性に優れるなど、特徴有る自由診療も各種有りますので、
納得のゆく方法を選んでいただければと思います。

PAGETOP

治療を中断した:2中断して相当の期間が過ぎている






 

 

 



「虫歯の治療を中断した 」

ある程度の大きさになると、虫歯菌の活動が活発になり急激に進行する場合があります。
無症状で有ることは、重症化と何ら因果関係はありません。

神経を失う程度で済めば良いのですが、いきなり抜歯を宣告せねばならなくなるのは、
あまりにもったいない話です。

また、神経を失っている歯は脆くなっていることがあり、虫歯の穴をきっかけに
大きく割れて駄目になることがあります。

治療について

治療法:歯冠修復

治療法はこちら

「歯の神経の治療を中断した 」

麻酔の注射をして神経を取る等の説明がなされていれば、該当します。
また、被せている歯が痛くなり、治療のやり直しで根の消毒をしているような
場合も該当します。

歯根の中を清掃する治療なので、治療中に歯根の中を封鎖するバリアが壊れて
中に雑菌が入り込むと厄介なことになります。
いきなり顎骨の深部で化膿することもありますし、歯の中心部から全面的に
虫歯になってしまいボロボロになってしまうこともあります。

いずれにせよ速やかに治療再開が必要です。

治療について

治療法:根管治療

治療法はこちら

「歯周病の治療を中断した 」

病状の程度と治療の進捗状況によりますが、まず歯周病は完治しません。
治療上の目標は「病状の安定」となります。

まずは病状の把握と治療方針の再構築が必要になります。
デンタルオフィス本八幡では、歯周病治療において、「治療」と「予防」一体での
取り組みが何より大切と考えております。

治療について

治療法:歯周病
治療法はこちら

「矯正治療を中断した 」

滅多にはありませんが、やむなき事情でご相談をお受けしたことがあります。

転居などで少々遠くなっても、継続されるようにお勧めしています。
特別な事情がある場合は、矯正担当医にてご相談お受けしております。

その他 の理由

他にも入れ歯や差し歯を作る途中など、様々な状況があり得ますので
最適な結果が得られるように対応します。

PAGETOP